報酬基準 

旧)日本弁護士連合会報酬基準に基づき、事案にあわせて提示させていただきます。 
ただし、事件解決の難易度や経済的利益により、具体的な報酬額は変動することがあります。
具体的な着手金や報酬額等の金額やその算定方法については、委任契約を締結する前にご説明させていただき、納得いただいたうえで、委任契約を締結いたします。
また、法テラスと契約もしておりますので、依頼者様のご事情に合わせ柔軟に対応させていただきます。

 

弁護士費用の種類について

1.法律相談料

2.文書作成料・手数料 

3.着手金 

4.報酬金 

5.実費
6.旅費・日当 
7.顧問料

必要に応じ、ご相談の際にも費用についてご説明させていただきますので、疑問等ございましたら遠慮なくお尋ねください。

1.法律相談料について ・・・  5500円(税込) / 30分以内 

弁護士に法律相談を行う際に必要です。ただし、以下の初回相談に限り、60分以内無料でご相談をお受けしています。

【 初回無料相談の対象 】

 ・交通事故 (被害者側)

 ・相続 (遺産分割協議等) 

 ・債務整理 (自己破産・個人再生・任意整理等)

2.文書作成料・手数料
契約書作成、遺言書作成、遺言執行等、主に一回の手続きで終了する事案が対象です。以下(旧)日本弁護士連合会報酬基準に基づき算定します。
・契約書作成・契約書のリーガルチェック・・・5万5000円(税込)~
・内容証明郵便作成・・・・3万3000円(税込)~
・自筆証書遺言の作成・・・11万円~
・公正証書遺言の作成・・・上記手数料に3万3000円を加算
    ※立会人2名の日当、公証人に対する費用、資料取得費用等は別途必要です。

3.着手金
結果の成功・不成功にかかわらず、弁護士が手続きを進めるために着手時にお支払いいただきます。以下(旧)日本弁護士連合会報酬基準に基づき事件の難易度により、契約締結時の依頼者様との合意により増減することがあります。 着手金の最低額は、原則として11万円(税込)です。  
( 経済的利益の金額 )
・300万円以下の場合 ・・・・・・・・・・・経済的利益の8.8%
・300万円超~3000万円以下の場合 ・・・経済的利益の5.5%+9.9万円

・3000万円超~3億円以下の場合 ・・・・・経済的利益の3.3%+75.9万円 

・3億円を超える場合 ・・・・・・・・・・・・経済的利益の2.2%+405.9万円 

4.報酬金
結果の成功の程度に応じてお支払いいただく成功報酬です。以下(旧)日本弁護士連合会報酬基準に基づき事件の難易度により、契約締結時の依頼者様との合意により増減することがあります。 成功報酬も最低額は、原則22万円(税込)です。 経済的利益が算定できない場合は、経済的利益を880万円(税込)とします。 
また、完全に敗訴した場合は,発生しません。 

( 経済的利益の金額 )※通常の民事事件
・300万円以下の場合 ・・・・・・・・・・・経済的利益の17.6%
・300万円超~3000万円以下の場合 ・・・経済的利益の11%+19.8万円
・3000万円超~3億円以下の場合 ・・・・・経済的利益の6.6%+151.8万円 

・3億円を超える場合 ・・・・・・・・・・・・経済的利益の4.4%+811.8万円 

5.実費
事件処理に必要な費用のことです(収入印紙代、交通費、通信費、コピー代、保証金、供託金等)。

6.旅費・日当
事件処理のために、出張するための費用です。
具体的な金額については、契約締結時に取決めさせていただきます。

7.顧問料
  ・ 個人(非事業者)の方 ・・・ 3万3000円(税込)~
  ・ 法人・事業者の方 ・・・・・ 5万5000円(税込)~ 
       ※事業規模や業務内容によりご相談させていただきます。

【 受付時間 平日9時~18時 】※完全予約制です。