交通事故被害についてお悩みの方

 ― 初回相談60分以内無料 ―

  交通事故でお怪我をされたり、車や積載物に損害があった場合、ご自身で対応されるよりも、交渉のプロである弁護士が代わって対応するほうが、精神的負担も少なく、より有利な結果を掴むことができる場合が多くあります。

 各種損害保険会社の弁護士費用特約での受任も可能ですので、一度ご相談ください。

■よくあるご相談 

☑「過失割合に納得できない」
☑「事故の相手の対応に不満がある」
☑「保険会社から治療を打ち切ると言われてしまった」
☑「後遺障害非該当だったが、納得できない」
☑「相手方保険会社からの提案が妥当なものなのか不信感がある」
☑「事故の相手が保険に加入していなかった。」


ご自身で対応されるよりも、交渉のプロである弁護士が代わって対応する方が、精神的負担も少なく、交渉もスムーズになり、より有利な結果を掴むことができます 。
まずは一度ご相談ください。

交通事故に遭ってしまったら…

 被害にあったにもかかわらず、事故後、時間的にも精神的にもさらに負担がかかり、辛い思いを抱える方が少なくありません。
 仕事や子育てなど普段の生活に加えて、日中に保険会社とやり取りをしなければならない時間的な負担だけでなく、慰謝料や治療期間など本当にその提案が自分にとって有利なものになるのか分からず不安が大きいと思います。

弁護士に依頼をすると、あなたの代わりとなって弁護士が、保険会社や加害者との窓口となり、交渉を行います。

慰謝料は、① 自賠責基準 ② 保険会社基準 ③ 裁判基準 3つの算出方法があります。保険会社の提案する慰謝料は、もちろん保険会社の基準となります。金額としては、裁判基準の慰謝料の方が高くなりますので、弁護士がその方法で算定し直し、交渉にあたります。
そのため、慰謝料の増額が見込めます。

 慰謝料や休業損害、治療費はもちろん、通院に係る交通費(タクシー代やレンタカー代も含む)や車や積載物の賠償等、受取るべきものを受取れるように、あなたの代わりとなり交渉いたします。